札幌市-大通-スワン アイ クリニック(札幌市中央区大通西:眼科)

文字の大きさ
スワン アイ クリニック|札幌市中央区大通西 スワン アイ クリニック|札幌市中央区大通西

ICL(アイシーエル)とは
概要・特長など

ICL(Implantable Collamer Lens)は、眼内コンタクトとも呼ばれるように、ソフトコンタクトレンズのような柔らかいレンズを眼の中(虹彩と水晶体の間)に挿入し近視を矯正する治療法です。 レーシックと違い、角膜を削らない点において見え方の質がよく、レーシックでみられるような近視の戻りがありません。 特に、高度近視の方や角膜が薄い方でレーシックが適応外であった方に有効な視力矯正方法です。 術前の虹彩切開の処置の必要がなく、術後の眼圧上昇や白内障などの合併症が改善された、 レンズの中心に小さな穴のあいた2014年に厚労省の承認を受けた最新のレンズを主に採用しています。

ICLは1997年にヨーロッパでCEマーク(安全性の指標)を取得し、2005年にはアメリカなど、すでに64カ国で認可を受け得ています。 日本では、2010年に厚生労働省の認可を受け使用されるようになり、全世界では60万件以上の実績があります。 2016年にはレンズを大きくしてハロー・グレアの低減が期待される、EVO+(エヴォプラス)という ICL が発売されるなど、改良が進んでいます。 また近年、日本ではレーシックが激減した一方、 ICL は年々件数が増えてきています。

ICLのよいところ
  • レーシックでは矯正できない強度近視の方や、角膜が薄い方も矯正できる。
  • レーシックで見られる近視の戻りがない。(中くらい程度の近視までならレーシックがとてもよい手術ですが、近視の度数が強くなるほどICLの利点が勝ります)
  • レーシックと違い、術後のドライアイがない。
  • 問題が生じた場合、レンズの摘出・交換が可能。
ICLの限界・注意点

<ICLの注意点>

  • あたりまえですが、手術なのでリスクがあります。眼鏡やコンタクトレンズで不自由のない方は受ける必要のない手術です。
  • 手術の影響で生じる治療が必要なレベルの白内障がでることがあります。頻度は、1パーセント以下です。また、もともと近視の度数が強い場合、50歳代で白内障になる場合もめずらしくありません。
  • 傷口から細菌などが眼の中に入って増殖すると大変危険な感染症を発症することがありえます。白内障手術で起きるよりも少ない確率で、1万分の1以下です。手術前後の抗菌点眼や通院ができることが安全に手術を行うために必須です。

<ICLの限界>

  • 近視や乱視の度数が中くらいまではレーシックの方が正確・安全で手術費用も安価であるため、ICLは通常行いません。
  • ICL手術を受けても40歳代後半以降では、全く眼鏡をかけずに生活することは困難です。
  • 乱視矯正のICLを挿入した場合の6%ほどは手術後、レンズを入れ替える必要が生じるほどレンズが眼の中で回転してしまいます。
手術を受けられる方(対象者)
適応と禁忌

ICL手術を受けることができるのは、次の適応に該当する方です。詳しくは検査を受けてからの判断となります。

<手術が適している人>

  • 1.年齢21歳から45歳まで
  • 2.近視度数が-6.0D以上の強度近視(慎重適応:近視度数が-15.0D以上)
  • 3.術前の乱視度数が4D以下
  • 4.前房の深さが3.0mm以上
  • 5.角膜内皮細胞密度最低値

年齢21〜25歳…2800個/㎟以上
年齢26〜30歳…2650個/㎟以上
年齢31〜35歳…2400個/㎟以上
年齢36〜40歳…2200個/㎟以上

<禁忌(適していない人) >

  • 1.目の病気がある方(白内障、緑内障、網膜疾患、虹彩/ぶどう膜炎、チン小帯が脆弱など)
  • 2.術前1年以内の屈折変化が0.5Dをこえる方
  • 3.妊娠中、授乳中の方
  • 4.重篤な全身疾患をお持ちの方(重篤な糖尿病、膠原病など)
  • 5.コラーゲンに対する過敏症のある方
  • 6.全身疾患、眼科疾患を伴うことを理由として医師が不適当と判断した方
  • 7.医師の説明を理解していただけない方


手術の手順

次の手順で手術を行います。手術室に入ってからの手術時間は片眼約20分です。
1.点眼麻酔をします。乱視用レンズの場合は眼球に印をつけます。
2.耳側の白目と黒目の境目の角膜を数ミリ切開します。
3.切開創からICLを挿入します。

ICL手術手順1ICL手術手順1から2へ ICL手術手順2

4.ICLを虹彩と水晶体の間に固定します。

ICL手術手順3

5.ICLの位置を調整し、薬剤で瞳孔を縮めて手術は終了です。

ICL問診・検査・手術の流れ
問診

目の病気やケガ、アレルギーがないか、コンタクトレンズの装用期間などをおたずねします。

適応検査(検査所要時間 約2時間

ICLの手術の適応となるのかどうか、眼を詳しく検査します。瞳孔を広げる目薬(散瞳剤)を用いての検査を行いますので、検査後4-5時間程度、まぶしく、見えにくくなります。車の運転やお仕事があとに控えていない時に来院ください。

主な検査内容

自覚的屈折検査 他覚的屈折検査 詳細な視力検査 眼圧検査 角膜形状解析 瞳孔径測定 角膜内皮細胞測定 前房深度測定、眼軸長測定 前眼部・眼底検査

ICLの適応があり、手術を希望された場合には、さらに下記の検査があります。この際、コンタクトレンズを使用されている方は、コンタクトレンズをある一定期間中止した上での検査がありますので、ご注意ください。

ハードコンタクトレンズは3週間の中止
乱視用ソフトコンタクトレンズは2週間の中止
その他のソフトコンタクトレンズは1週間の中止

が必要になります。コンタクトレンズは目の形状を変化させ、本来の目の度数と異なった検査結果になります。正確な ICL度数決定、ICL術後視力をよりよいものにするために必須です。


第1回精密検査

ICLの度数を調べる検査を行います。手術後の見え方をよりよいものにするためには、ICLの度数のずれをできるだけ少なくすることが大切です。調節を麻痺させた上での精密な屈折検査も行いますので、車などでの来院は避けてください。また、やや時間がかかる検査(2時間程度)ですので、お時間に余裕を持って来院してください。

主な検査内容

他覚的屈折検査 自覚的屈折検査 調節麻痺後の屈折検査 角膜直径の測定

第2回目精密検査

ICLの度数を最終的に決定します。前回の精密検査で得られた検査データから患者さんの希望となるICL術後の見え方を調べていきます。

主な検査内容

他覚的屈折検査 他覚的屈折検査

手術3日前から手術前日まで

手術3日前から当日まで(手術の準備)
手術3日前から点眼を開始します。これは、眼表面の常在菌をなるべく少なくして、手術時の感染症を防ぐ目的があります。体調を整えて、手術当日来院してください。

手術当日(注意点)

手術当日の注意点

1 手術当日は、食べ過ぎなければいつも通りの食事で構いません。普段飲んでいる薬があればいつもと同じように内服して下さい。
1 できるだけ前あきが可能な、リラックスできる服装で来院してください。
1 お化粧はしないで来院してください。
1 手術は日帰り手術ですが、術後の見え方は不安定ですので、運転はしないでください。
1 手術終了後に使用する目を保護するめがねを忘れずにお持ちください。


手術前検査・準備

手術前検査・準備

1 眼圧検査
1 瞳を広げる点眼薬(散瞳薬)で、瞳孔を広げます。抗菌薬と麻酔の点眼もします。
1 手術室に入るとお手洗いには行けなくなりますので、入室前までにトイレを済ませておいてください。
1 血圧など全身状態を確認します。場合によっては、緊張を和らげる内服薬を使用する場合があります。

手術室
リクライニング式の手術椅子に座ります。顔全体を覆う清潔な布がかけられます。目が開いたままになる機械をつけます。手術中、目の表面には、麻酔薬や消毒薬、水(BSS)などをかけながら手術を進めていきます。
眼に切開を作製し、ICLを挿入します。術中、「〇〇の方をみてください」などと指示します。顕微鏡下で行う繊細な手術なので、指示した方向を見つめて急に眼を動かさないように気をつけてください。もし、咳やくしゃみがでそうになれば、動くことなく声でおしえてください。

術後

術後診察

1 術後2時間程度安静後、診察を行います。ICLのレンズの位置、固定状態をチェックし、問題がなければそのまま帰宅していただけます。
1 手術後、眼圧が上昇することがまれにあります。その際は、内服薬を使用する場合があり、帰宅まで時間がかかります。
また、挿入した ICLの位置異常やサイズの変更が望ましい場合、再度手術室にてレンズの入れ替えや位置修正を行う場合があります。
1 手術当日から自宅で点眼薬をはじめてもらいます。

術後翌日以降の術後検診

手術翌日以降の術後診察

1 点眼薬を手術後1ヶ月ほど行います。
1 診察は、術後翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後で受けてもらいます。

日々患者さんを診察しているとレーシックを受けたことのある患者さんを診ることも珍しくないのですが、30歳代半ばくらいでも、眼鏡やコンタクトレンズが必要になるくらいに近視が戻ってきてしまっている方がかなり多い印象があります(調子のよい方は眼科にかからずに済んでいるということもあると思いますが)。ICLは手術費用が高価なことや、行っている施設が少なかったこともあり、かつてのレーシックブームのような時に、本来はICLを受けるべきだったのにレーシックに流されてしまった点もあるでしょう。
平均で、レーシック後7年で-1Dの近視がもどるというデータがあります。これは、手術直後は裸眼視力1.5だとしても7年後には眼鏡なしでは運転してはいけないくらいの近視にもどるということに相当します。
一方、ICLはほとんど近視は戻りません。

 

 

費用について
費用
片眼 税込  300,000 円
両眼 税込  600,000 円
手術費用には術前検査料、レンズ代金、手術施行料、手術後6ヶ月の定期検診費用、手術に必要なお薬代が含まれています。
2回目の術前検査が終了したらレンズを発注致します。
レンズ代金として片眼 税込 150,000 円、両眼 税込 300,000 円をお支払いください。レンズ発注後に患者様のご都合でキャンセルされた場合は返金できませんのでご注意ください。
手術当日に手術費用の残金をお支払いいただきます。
( 片眼: 税込 150,000 円  両眼: 税込 300,000 円 )

ICL体験談
■A.T.様 21歳 女性 

    
右眼: 術前視力 0.03 術後視力 1.2
(術前度数: 近視 -5.75 D  乱視 -1.75 D )
    
左眼: 術前視力 0.05 術後視力 1.2
(術前度数: 近視 -5.50 D  乱視 -1.50 D )

元々コンタクトレンズを使用していましたが、装着時の不快感の為、数年前からICL手術を受けたいと思っていました。
手術の前は正直、恐怖心でいっぱいでしたが、手術中は先生やスタッフの方々からの優しいお声掛けにより、パニックもせずに落ち着いていられました。
手術後のしばらくの期間は何回も眼に異常がないか先生に診てもらえたのも安心できたのでとても良かったです。
ICLは費用も安くはありませんし、手術なのでもちろん緊張もしましたが、眼鏡やコンタクトの以前の生活とは違って毎日が本当に快適になりました。
また、早いうちに手術をすることでその分裸眼で過ごせる時間が長くなるという意味では、この年齢で手術を受けてよかったと思います。
スワン アイ クリニックの先生とスタッフの方々には本当にお世話になったので、感謝しています。
ありがとうございました。
■S.O.様 42歳 女性 

    
右眼: 術前視力 0.01 術後視力 1.5
(術前度数: 近視 -14.00 D  乱視 -1.50 D )
    
左眼: 術前視力 0.01 術後視力 1.5
(術前度数: 近視 -13.50 D  乱視 -2.25 D )

小学生の時からのメガネ生活で、大学生でコンタクトを入れた時の快適さは嬉しいものでした。
それから20年が過ぎ、コンタクトレンズは身体の一部でしたが、使用が長くなるにつれ、いつまでレンズを入れられるのだろうという不安も出てきました。
レーシックがメジャーになって来た頃、検査を受けた事がありましたが近視が強度の為、断念しました。 今回こちらの病院でICLを検討した際、先生に多くの時間を要して説明していただき、たくさんの検査を行い丁寧で納得のゆく手術を受ける事ができました。
しかし、やはり手術台に乗るのは不安や怖さがありましたが、施術中もまめに声をかけていただき、次第に怖さがうすらいでゆきました。 手術台から下りる頃には、レンズを入れていた頃と同じような視界で感激でした。
手術から半年以上が経過しましたが、術前と同様に丁寧な検査を術後も行い、安心した生活を送っています。 もちろんメガネもコンタクトレンズも不要な生活はとても快適です。 年齢の事もあり、手術には限りがあります。 また、一度レーシックを断念した経験があった事から、もう視力矯正術はあきらめていた中、先生に声をかけていただき、本当にありがたく思っています。
スタッフのみなさんにも、先生にも感謝しています。ありがとうございました。
■T.H.様 28歳 女性 

    
右眼: 術前視力 0.05 術後視力 1.2
(術前度数: 近視 -7.00 D  乱視 -0.50 D )
    
左眼: 術前視力 0.05 術後視力 1.2
(術前度数: 近視 -7.25 D  乱視 -1.00 D )

小学校の低学年から視力が落ち始め、20年近くメガネ・コンタクトの生活を送ってきました。
社会人になってからはパソコン作業も多い仕事で、特にコンタクトをしたままの夕方以降の作業が辛く、思い切って手術を受けることにしました。
生まれて初めて、しかも局所麻酔での目の手術は怖さもありましたが、検査も丁寧でスタッフさんにも親切にしていただき、 おかげで少しは落ち着いて当日を迎えることができました。
数日の間は少し違和感がありましたが、すぐにくっきり見えるようになり、朝起きてすぐやお風呂でも良く見えるのが本当に嬉しかったです。 また、コンタクトをしているときより目がとても楽になりました。
今回のことで、見える大切さにも気づくことができました。これから、目を大切に過ごしていきたいと思います。 先生及びスタッフの方々、どうもありがとうございました。